Top > 外国人 > 外国人の認知

外国人の認知

私は、もともとフィリピン人の母の子で、日本人の父からは認知されたので、今では日本国籍をもっています。

私の家族は、いまは日本に住んでいて、仕事が忙しいので色々なビジネスをやっていると思っています。そういった時に連休があって久し振りにショッピングに行ける状態になりました。私はそういった状況になって自分の楽しみが増えた感覚になりました。

私は日本人の父親とショッピングに行ったので自分の行きたい希望を聞いてもらいました。実際には遠くまでショッピングをするつもりだったので付き合ってくれるか心配でした。しかしそれも大丈夫だったので直に好きな服装で出発しました。

その日は本当に欲しい商品があって自分は幸運だと思えました。そのショッピングの中では古い小物や服を買ったので行って良かったと感じました。こういう体験はあまりないので私は父親と色々な話題を出して盛り上がりました。時折、フィリピンの育ての親のことを考えます。でも、いま本当に幸せだし、日本人の父は実父の安心感もあるし、本当に良くしてくれるので、認知をしてもらってうれしくおもっています。
以上、「外国人 認知」でした。

外国人

関連エントリー
投資経営ビザを取得して、ワイヤークラフトで起業する!外国人の認知興行ビザの必要書類